スポーツは元気の素!

スポーツから芸能ニュースまでをつれづれに語りつくします
今日のあなたのためのバリュー情報!
SELECTED ENTRIES
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
-->
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 韓国の学歴社会の弊害??? | main | 新型インフルエンザ・・・止まらない >>
スポンサーサイト


▼期間限定!なんと5万円のセミナー動画が無料でもらえる

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
新型インフルエンザ 実質パンデミック


▼期間限定!なんと5万円のセミナー動画が無料でもらえる

 どこまで行くんだろう・・・
なぜ高校生ばっかりなんだろう・・・

神戸は大阪は・・・ほんと心配
がんばろう神戸!がんばろう大阪!

実質、パンデミックなんだろうな。
明日からの満員電車でまたどうなるか。。。



記事はここから

新型インフルエンザへの国内初感染が神戸市で確認されたのが16日昼。翌17日には、感染者数は大阪府も含めて40人台にまで急増した。関係者からは現在の警戒段階である「国内発生早期」から、「感染拡大期」への突入を覚悟する声が聞かれ始めた。

 現在、神戸市や大阪府では、感染拡大を防ぐため、患者の行動を時間をさかのぼって追跡する「疫学調査」を始めている。「疫学調査が役立たないほどに地域でどんどん患者が発生する状態」(厚労省)になると、「感染拡大期」だ。

 厚労省では「段階を切り替えるかを判断するために、現在の疫学調査を急ぐ」という。しかし、すでに感染者の家族などにも感染疑い者が出るなどしており、地域で感染が一気に広がる可能性は高い。16日に開かれた政府の対策本部専門家諮問委員会でも、「地域での感染がもう始まった」という見解が出されている。

 事前に定められた「行動計画」などによると、国が感染拡大期入りを宣言したとしても、全国一律に警戒レベルが引き上げられるのではなく、地域ごとに弾力的な警戒態勢が取られる。

 感染拡大期入りで、現在と決定的に対応が異なるのが「検疫」だ。現在の厳戒態勢は縮小され、地域の医療態勢の強化に軸足をシフトする。

 備蓄量との兼ね合いから、タミフルなど抗ウイルス薬の予防的投与をする範囲を狭めることも検討される。疫学調査も縮小されることになる。

 さらに、感染拡大が治まらない場合には、地域ごとに「感染拡大期」よりも段階を進めた、国内での“パンデミック(大流行)”状態に相当する「蔓延(まんえん)期」での対策がとられる。





節約
見える化
腹筋
ホテル
クレジットカード
便秘解消
FX初心者
新型インフルエンザウィルス
九星気学
子供の進路
ワイン


| - | 00:11 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト


▼期間限定!なんと5万円のセミナー動画が無料でもらえる



| - | 00:11 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
コメント

言われるがままにお姉さんのお人形になったら6万もらえたー(・∀・)
イった後にお姉さんの乳首に精子トッピングしてあげたら
片乳ずつもの凄い勢いで舐めてオイシイって言ってたwwイミフwwwww
| おおおっぉぉっぉおおああwww! | 2009/05/18 5:51 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://geinow.jugem.jp/trackback/208
トラックバック